アンティーク ロールサイン インダストリアル メンズライクインテリア DIYに挑戦!!

こんにちは。

時代とともにインテリアスタイルにも流行ってありますね。

今注目といえば、やはりメンズライクもしくはミックススタイルでしょうか?

インダストリアル系(工場などで見かけるような無骨なもの)などは、ここ数年非常に人気です。

スチールのキャビネットやフロアランプなどをアクセントとして置いてみたり、黒の家具を

置いてみたり…

代表格はバスロールサイン。その昔にバスの行き先や、地下鉄などの路線情報を示すものとして

ブラックの生地にホワイトで地名や路線番号などが書かれていて、街角に掲示されていました。

これ一つでインテリアがいっきにメンズライクに変身します。チョットほしいな…と思いまして…DIYしてみました。

まずは完成品を…

20141008_164533_Android

 

それではつくり方を

①50年前の古材でしたので、まずは洗浄。良く乾かしてからステイン塗料で両面を3度塗り。

(黒でも良かったんですが、せっかく木材を使うので木目をいかす為にステイン塗料を使用)

塗料はヌメ色を使用。

20140925_095620_Android20141005_153608_Android20141005_103913_Android

 

 

②100均で厚紙・カーボン紙を買ってきて、印刷する文字をプリンターで打ち出し、

厚紙に転写してそれを切り抜きました。

これが大変…ロゴを切り抜くのに力を入れるので…手の皮がむけました…

手伝ってもらってやっと完成。

20141005_190840_Android

 

 

③木材にロゴの台紙で白くスプレーペイント

これもかなり手ごわいです。ロゴが曲がったり…色が均一にならなかったり…

手は真っ白です。

テンパっちゃって作業写真も取るのも忘れました…いきなり塗装後です。

20141008_130430_Android

 

④ホームセンターで購入した28×38の赤松垂木で枠を組んで、そこにロゴを塗装した

木材を隠し釘で止めます。(写真ではブルーの釘頭が映っていますが、ハンマーで

ブルーの部分を払って飛ばすと、釘が目だたなくなります)

20141008_161217_Android20141008_161159_Android

 

⑤外枠にCカンを取り付けて、つりさげるようにすれば完成です。

 

ポイントはやはりロゴの作成と塗装方法ですね…

台紙を木材と同じ大きさにしてつくった方が位置決めが楽です。

自分で作ったものは愛着もひとしおです…ぜひ挑戦してみてください。

質問等あればお気軽に…

 

 

 

 

Recent Posts

Leave a Comment

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)